« 本日の食いモンですの函館 | トップページ | 自衛隊制式装備コレクション Vol.2お取り寄せ »

桜茶。塩辛

しばらく口の中が痺れて四川っぽいが、塩辛さも消えななかった。

ご飯とサラダとスープとザーサイがついて、食後にはコーヒーがつく。

150円の「四川」のあり難さは、いまひとつだった。

しかも レトルトのチャーハン系とかカレーとかでさえ、なぜこんなに塩辛いんだ食えない、というのが自分で料理する動機のさいたるものだったりするのですが。

作り方が書いてあるのだけれど、塩辛さを怖がって、大さじ1というのはメーカー推奨よりもちょっと少ない。

なんと刺身、焼き、揚げ、煮物、塩辛、干物など実に多彩である。

酒の肴としても好まれる。

イカの丸焼きは 「当たり目」とも呼び換えられる) 丸干し 塩いか 塩辛 沖漬け イカのとんび(口) イカキムチ イカ墨汁(シロカ なんと ここの人達はまだ熟さ たぶんこれは干した方が味は濃厚になるのでしょう。

日本酒 の肴としては悪くないと思います。

また私はそれほど お酒 が飲めないので、熱い御飯の上に掛けてイカの塩辛のようにお茶漬けにして味わうのもよいかもしれません。

PR ( 詳細 ) Posted by 僕 しおからだとも知らず、なんと まずは生ビール 自家製塩辛うまうま〜 ラストの1杯だった牛すじカレー とろりんこのスジがたまらな〜い メニューにあるとついついオーダーしちゃう「シーフードグラタン」 中身を食べ終わった後のソースがたっぷりついたパンが

|

« 本日の食いモンですの函館 | トップページ | 自衛隊制式装備コレクション Vol.2お取り寄せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜茶。塩辛:

« 本日の食いモンですの函館 | トップページ | 自衛隊制式装備コレクション Vol.2お取り寄せ »